大人のエロスを たっぷりと

投稿日:

通勤途中に顕れる痴漢の素材を聞いた希美。「本当に自分が狙われる筈なんて...」と楽観視していたが、その背部に酷い名残が忍び寄り...。抵抗するタイミング もなく、あっけなく下半身を弄ばれ、スイートな糧が体内をつき抜ける。今までに感じた事態の無いボルテージは希美のカラダに痴漢の強みを強く刻みつけるの だった。表向きは嫌がりながらも、心のどこかで又もや痴漢に出会う事を期待して仕舞う希美は又いつもと同じように通勤汽車に乗って...。 ひとたびの痴漢...セックス答申で不平の若妻には十分すぎる糧だった。誰かに見られているかも知れない状況で不覚にも感じてしまった咲はその気持ちが忘れら れず...。男性の居ない昼間ケース「痴漢レクレーション宣誓掲示板」を利用し痴漢レクレーションに明け暮れる日毎...。'沢山の人間に触られたい'、'再び痴 態を見せたい'道でジャケットはおっぴろげむき出しを見せつけたり、汽車内でオナニーを見せつけたり...。盛りのついた若妻は誰にも止められない。 パパなら誰でも抱きたいこういうボディ。椎名ゆなのはしたない肉体が、パパどもの淫魔手立てに堕ちて出向く...。いつもの通勤車内、そのボディーを狙ってい たパパたち。上手くみっともないがゆえに狙われる、しかしその屈辱がいつか強みに...。グラマラスBODYをさらけ出し、此度も椎名ゆなの大人のエロスを たっぷりと...。 ユーザーの高嶺の花です、乙葉に対し、ストレスを持つ下請けのスタジオワーカーら。営業で太刀打ちできない奴らは乙葉を痛め付ける為に、卑劣な方を考えつ く。奴らは痴漢グループに提言し、乙葉を痛めつけて買うことにした。最初は痴漢だけだったのに、彼女が感じるものだから、素行はエスカレートして赴き内出 し輪姦まで...。どこまでも追っ掛けて生じる痴漢グループ。乙葉を乗せた痴漢汽車の昂奮は止まらない。

- スポンサードリンク -

AdSense300x250

- スポンサードリンク -

AdSense300x250
楽天ヴィジェット

こちらの記事も一緒に読まれてます。

積み重ねる気の手強い女性